トップページ / 院長ごあいさつ / 院内ご案内 / お問合せ   トップページ / 院長ごあいさつ / 院内ご案内 / お問合せ
<しんとう整形外科リウマチクリニック>
  トップページ / 院長ごあいさつ / 院内ご案内 / お問合せ
『リウマチガイドブック』トップ 関節リウマチについて 日常生活での注意点 社会保障について 検査値の見方 治  療  法
          ・検査値の見方、考え方
          ・新しい検査指標(DAS)


検査値で、どう判断するのでしょう?
● 関節リウマチと検査
  一般に、骨や関節、筋肉など、体を支え動かす運動器官が全身的な炎症を伴って侵される病気を総称して
  患者さんの症状や所見から、関節リウマチが疑われたら、さまざまな検査をして診断を確かめます。また、
診断が関節リウマチと確定して治療を始めてからも、治療の効果や副作用を見るために、検査は定期的に行
います。治療を始めたら3ヶ月に1回くらい、血液と尿を採取して検査をします。これにより、薬の副作用
や関節リウマチの活動性(=どのくらい活発か)をチェックすることができます。
    
< おもな検査値とその意味 >



炎症反応
CRP、赤沈
CRPが陽性のときは、全身性の炎症が存在することを意味します。その値は炎症の程度とよく相関するため、炎症の強さを調べるためには欠かせません。関節リウマチの重症度や活動性をはかる指標になります。赤沈(赤血球沈降速度)値も同様の意味を持ちますがいろいろな原因で亢進するので、解釈がむずかしいこともあります。
貧血
赤血球数、Ht、Hb、
血小板数
関節リウマチの患者さんは、貧血を合併しやすくなります。貧血では、一般に赤血球数、ヘマトクリット(Ht)値、ヘモグロビン(Hb)値、血小板数が低くなります。
免疫反応
RF、
免疫グロブリン値
関節リウマチの患者さんの約80%がリウマトイド因子(RF)陽性となります。また、関節リウマチは炎症が続く病気なので免疫に関係する蛋白である免疫グロブリンの値も高くなります。
肝機能
GOT(AST)、GPT(ALT)
関節リウマチとは直接関係ありませんが、薬の副作用や他の病気の合併などを調べるために行います。肝臓が障害を受けると、GOT(AST)やGPT(ALT)の値が高くなります。
腎機能
K、BUN、血清クレアチニン
関節リウマチとは直接関係ありませんが、薬の副作用や他の病気の合併などを調べるために行います。カリウム(K)値の異常や、血中尿素窒素(BUN)、血清クレアチニンの増加は、腎機能の低下を意味します。
尿

尿蛋白、尿沈渣 尿の検査では蛋白や糖が出ていないかを調べます。
また、沈渣といって、白血球や赤血球が尿中に含まれていないかなどを調べます。この検査で関節リウマチかどうかを調べるわけではありませんが、薬の副作用や他の病気の合併などを調べることができます。
・このページのトップへ↑ / ・新しい検査指標『DAS』のページへ→  
<しんとう整形外科リウマチクリニック>
  トップページ / 院長ごあいさつ / 院内ご案内 / お問合せ
Copyright 2006-2011 shinto seikeigeka riumachiclinic.All Rights Reserved.