<しんとう整形外科リウマチクリニック>
  トップページ / 院長ごあいさつ / 院内ご案内 / お問合せ
『リウマチガイドブック』トップ 関節リウマチについて 日常生活での注意点 社会保障について 検査値の見方 治  療  法
      ・関節保護  
      ・エクササイズ@ / A  


関節の状態をまもるには?A
● 筋力を保つためのエクササイズ
  関節がこわばらないように予防する目的のエクササイズです。朝夕に、こわばりかけている関節をほぐす
ように、毎日続けてください。1つの動作を2〜3回すれば結構です。入浴後には是非してください。
 
▼ 
膝と股関節のエクササイズ
@足先を少し開き気味にして、あおむけにに寝ます。
  右脚を伸ばしたまま、少し浮かせてかかとを固定させ、つま先を内側に回します。
  右脚を伸ばしたまま、膝に力を入れます。膝の裏を床に押しつける感じで、3〜5秒間静止します。
  右脚を伸ばしたまま持ち上げます。3〜5秒間保った後、ゆっくり下ろします。一連の動きを左脚
  も同様に行い、左右交互に3〜10回繰り返します。
Aあおむけに寝ます。左膝を立て(安定がよくなります)、右膝を伸ばします。
  右膝を曲げながら、ゆっくり右脚を持ち上げます。できるだけ上半身のほうへ引き寄せます。
  その状態から右脚を上に向けてゆっくり伸ばし、静かに下ろします。左脚も同様に行います。
  左右交互に3〜10回繰り返します。
  下り坂や階段の下りが困難な方には是非して頂きたいことがあります。
 
▼ 
大腿四頭筋のエクササイズ
筋肉や関節の動きを維持するための体操と違い、この運動は筋力を強化し、鍛えるために行います。
これまでの体操と同様に、朝夕2回行うとよいでしょう。
@ イスに座ります。 A 膝を伸ばしてゆっくり脚を持ち
   上げます。
B 太ももが張った感じになるまで、
   脚を伸ばします。この状態を5
   〜10秒間保ち、その後、ゆっ
   くり下ろします。
@〜Bを左右交互に5〜10回繰り返します。
 

※ この運動で膝に痛みを感じる方は

この運動で膝に痛みを感じる時には、膝が曲がりきらないように、下図のような工夫をするとよいでしょう。
 


 
▼ 
指先のエクササイズ
手指の力が気になる方は、柔らかいボールか粘土を握る動作で指先の力のエクササイズを
してください。
・このページのトップへ↑ / ・関節保護のページへ / ・『関節の状態を守るには@』ページへ
<しんとう整形外科リウマチクリニック>
  トップページ / 院長ごあいさつ / 院内ご案内 / お問合せ
Copyright 2006-2013 shinto seikeigeka riumachiclinic.All Rights Reserved.