<しんとう整形外科リウマチクリニック>
  トップページ / 院長ごあいさつ / 院内ご案内 / お問合せ
『リウマチガイドブック』トップ 関節リウマチについて 日常生活での注意点 社会保障について 検査値の見方 治  療  法
            ・治療の概要
            ・薬物治療@


手術療法はどのように行いますか?
  ・薬物治療A
  ・手    術
  ・リハビリ
  ・先端医療
 
● 手術療法の考え方
  手術療法には、適切な薬物療法やリハビリテーションを行っても痛みが減らない場合や、関節障害のため
に歩行が困難など日常生活に支障がでる場合などに行います。最近では手術の技術も進歩しており、優れた
人工関節も開発されています。10年ほど前までは“人工関節は60歳を超えてから”といっていましたが、
現在では、“若い今、自由に動けて楽しく充実した人生を送れたほうがよいのでは”と若い患者さんにも勧
められるようになってきました。どの年代の方でも、基本的な考え方となるのは、「手術でより幸せな生活
を取り戻そう」ということです。
● さまざまな手術療法
▼ 滑膜切除術
炎症を起こして腫れた滑膜は、痛みの原因となります。滑膜切除術は、この痛みの原因となる滑膜を取り除くことで改善する手術です。術後は明らかに腫れや痛みが改善するので、薬の量を減らすこともできます。 正常な関節 滑膜が増殖した関節 滑膜切除術
▼ 機能再建手術―脚の再建―
病気が進行して、関節が破壊されてしまった場合には、関節を人工関節に入れ替える「機能再建手術」が行われます。人工関節は15年以上、人工膝関節は20年以上安定した状態を保ちます。人工関節はどの関節にも対応するものがありますが、最近では肩、肘、手首などの上肢にも機能再建手術が行われています。
▼ 機能再建手術―手の再建―
以前は手の手術はあまり行われていませんでした。手が少しくらい不自由でも大きな問題はないと考えられていたからです。しかし、そのまま放置しておくとまったく手が使えなくなり、自分で食事ができなくなることもあります。手遅れになる前に、手術を受けることが必要です。主治医とよく相談してください。
・このページのトップへ↑  
・治療概要のページへ  →  
・薬物治療のページへ  →  
・リハビリテーション      
のページへ  →  
・先端医療のページへ  →  
<しんとう整形外科リウマチクリニック>
  トップページ / 院長ごあいさつ / 院内ご案内 / お問合せ
Copyright 2006-2013 shinto seikeigeka riumachiclinic.All Rights Reserved.